人をダメにするソファ?ダメにされ度の図解が秀逸

微粒子ビーズの中材と伸縮性に富んだカバー生地の質感で評判の、無印良品「体にフィットするソファ」。ネットでは、そのあまりの気持ちよさから「人をダメにするソファ」の異名をとっている。

そんな商品を2つ購入した、ツイッターユーザーが、“ソファに日々の予定をダメにされ続ける”として、その「ダメにされ度」を図解にして投稿した。

ダメにされ度を図解しました

こちらの図では、「ダメにされ度」をレベル1~7(最大)に分類。人型モデルとソファの画像を使い、段階ごとに説明しています。レベル1~3は、ソファに座ったり仰向けになっている状態。ここまではぐっとがんばれば仕事に戻ることもできるそうです。ところが、ソファを背もたれにして横になったり(レベル4)、突っ伏す格好になる(レベル5)と危険信号。“本日終了”の可能性がでてきます。

そして、ソファを2つ並べて使う(レベル6)、こたつと組み合わせる(レベル7)になると、もはや底なし沼。ダメな領域からの帰還は困難になるようです。無印良品の公式アカウントも、「2コ使いとコタツ使いにはお気をつけください…」とアドバイスしていました。

ビーズクッション CUBE L ブラウン

新品価格
¥9,300から
(2014/5/8 10:22時点)

ニュース元:
人をダメにするソファ、図解が話題
無印良品の「人をダメにするソファ」 「ダメにされ度」早見表が作られる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です